恋愛講座 今日からモテる男になる方法 問い合わせ サイトマップ

女性の本音と建前-ある条件が揃えば女性は本音を話す-

女性の言うことが本音か建前なのかがわからない。次のような経験はありませんか?

好きな女性を食事に誘った。会話も盛り上がって楽しく食事ができた。別れ際に女性があなたに一言。

「今日は楽しかったです。また誘ってください。」

そこで、あなたは再び女性を食事に誘う。ところが、女性の返事は歯切れが悪い。

「その日は予定が入っているので」

じゃあ、いつなら大丈夫なのかを聞いてみると

「仕事が忙しいので落ち着いたら連絡します」

彼女からの連絡を待つものの、連絡はさっぱり来ない。さて、女性の「また誘ってください」は何だったのか。

ズバリ、建て前です。本音じゃありません。「女性はウソをつくの?」はい、つきます。でもあなたもつきますよ。次のように。

あなたの部署に先日新しい上司が来ました。翌日、上司はあなたを自宅に招いてくれました。そこで、奥さんが料理を作ってくれた。

でもこれがまずい。カレーなのに強烈な酸味。とっても危険な味がする。でも、あなたはこう言います。

「おいしいです」

でも、その言葉、ウソでしょ?どうしてあなたはウソをつくのか?上司の奥さんだから?そうじゃない。

例えばその上司も上司の奥さんも小さい頃から知っている。小学生の頃からよく遊んでもらった。それなら本音を言うはずです。

「デンジャラス。3回食べたら死ねる。」って。

つまり、親しい相手には本音を言える。親しくない相手に本音は言えない。単純な理屈なんです。ここで、振り返りましょう。なぜ女性があなたに本音でなく建前しか言わないのか?

女性があなたに本音を言わない理由。それは、あなたに親しみを感じてないから。職場やクラスで一度も話したことがない同僚があなたに

「君はこの職場(クラス)でどの女性が好きなの?」

と聞いてきた。あなたは本当のことを答えませんよね。

女性があなたに建前しか言わない。それは、女性から見たあなたは本音を言えるほど親しくないから。いくら一緒にいて楽しく会話が盛り上がったとしても

大切なのは、女性が本音を言ってくれる関係になってるかどうか。本音を話せる親しい相手だと思ってくれているかどうか。

でも、モテない君は女性に自分をアピールしてしまう。自分をかっこよく見せよう、強く見せようと。それで女性は

「すごーい!」
「そうなんですか!?」

なんて反応をしてくれる。もちろん、本音じゃなく建前ですが。

モテない頃はこれを鵜呑みにして勘違いしてしまう。あなたがすべきことは自分をかっこよく見せることじゃない。尊敬されることでもない。すごいと思わせようとしなくてもいい。

まずは、女性に親しみを感じてもらうこと。彼女が本音を話せる相手になること。そのためには、「この人になら本音を話しても大丈夫」と思われること。女性は好きになった相手に本音を話す訳じゃないんです。